帽子を被っている女性と子供

大人っぽさを演出するオリジナルキャップをかぶる演出と作る方法

● SITE MAP ●

大人っぽくキャップをかぶる演出とは?

「キャップ女子」で若い世代にブレイクしているキャップ! キャップとはどんな帽子でしょう。一般にツバがないものを、キャップと呼んでいます。その主な種類はベースボールキャップ、ワークキャップそしてマリンキャップの三つです。
ベースボールキャップは野球帽。丸いクラウンの帽子で、前方にのみバイザー付き。この前身がワークキャップと言われ、鉄道作業員たちがかぶっていました。野球帽同様前方のみにツバが付いています、ただ、帽子のトップが野球帽のような丸みはなくフラットです。マリンキャップは、ノルマンディの漁師たちから発祥したといわれるキャップで、現在では船長さんなどがこのキャップをかぶっています。女性がかぶると、スタイリッシュにみえる応用範囲の広いキャップです。
オリジナルキャップというと、若い子のものと思っていらっしゃる方…今、大人でもキャップの人気がじわじわと拡がっています。それにはかぶり方を工夫しましょう。大人っぽいかぶり方は横かぶりや後かぶりをしないで、深めにキチッとかぶりましょう。アウターも多色は止めて、シンプルにすると大人っぽく見えます。
髪についても、若干ウェーブをつけ長い髪の方は横まとめにしたり三つ編みにするとフェミニンさが演出できます。また、ベルトやバッグなどの小物とオリジナルキャップをコーデすると統一感がつくれます。ゆれるピアスやブレスなども、オリジナルキャップをエレガントに演出できるアクセサリーです。

キャップの被り方にこだわってみる

数あるキャップの中で、キャップだけで存在感を出せるようなとてもオシャレなキャップがあります。もしもキャップを買うならそんなオシャレなキャップを買うと、とてもスタイリッシュになります。オシャレなキャップの特徴として挙げたいのは、デザインがシンプルでありながら目立つということです。
キャップにワンポイントでオリジナルの文字が入っていたり、グラデーションになっていて個性的だったり、オリジナルデザインにちょっとした工夫がされていたりなど、パッと見はシンプルでもただ地味なのとは違います。その良い意味で目立つのがオシャレなキャップの特徴で、キャップ売り場へ行ったときや通販でキャップを選ぶときは、そんな特徴のオリジナルキャップを選ぶのが良いです。
また、同じデザインのキャップでも、どのカラーにすれば正解なのかは迷ってしまう点です。それは自分がどういう服をコーディネートするかによっても違いますので、そのあたりを踏まえながら一番似合いそうなキャップを選ぶようにしなければいけません。いくらデザインが良くてもカラーが服に合っていなければイマイチなコーディネートになってしまいますので、くれぐれもそんなことにならないようにキャップを選んで買うことがとても大事です。

オリジナルキャップを作る方法

自分のためだけのオリジナルキャップを作るには、まずオリジナルキャップを作ってくれるお店やサービスを探しましょう。オシャレなサイトだったり種類が豊富だったりいろいろ出てくると思います。いろいれある中から好きなサイトを選んでください。選んだらオリジナルキャップ作りのスタートです!実際にシミュレーションしながらデザインすることもできます。
まず、画面に大きくキャップが表示されます。入力フォームに好きな言葉を入れてください。そして、好きなカラーや形も選んでください。あとはオーダーボタンを押して必要な情報を入力すれば、キャップ作りは完了です!!作るのにかかる所要時間は約30分くらいです。注文してから、キャップが届くのに2週間かかります。ここからは、キャップ作りの際に見ておきたいポイントを紹介します。
まず、キャップ作りにおいて重要な素材選びですが、なるべく目立つ色を選んだほうがいいと思います。なぜなら素材の色がイマイチだと、仕上がりもイマイチになります。次にデザインの話です。オリジナルキャップのデザインは、なるべく大きく見せましょう。キャップのプリント面積には決まりがあり、細かいイラストなどは不向きで、アルファベットや大きなロゴを入れるのが向いています。


カメオカのキャップならオリジナルに作成することをおすすめします!イベントやスポーツや作業などにも用途はたくさんあります!キャップのかぶり心地もいいので、カメオカのキャップは好評なのです!オリジナルに作成して、あなただけのものを作りましょう!

● TOPICS ●

TOP